読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意識高い系を目指して。

意識低い系の私が意識高い系へと昇華するための活動記録。

【書評】2017年3・4月に読んだ本

諸事情で更新できなかったため、3・4月分をまとめて。

3月に読んだ本

火花 又吉直樹

                                                

文庫本価格になったので読んでみた。

主人公の引退シーンは情景が思い描きやすく、劇場にいるかの気分になれた。

さすがは芥川賞か。

 

羊と鋼の森 宮下奈都

                                                

 

タイトルからホラー系だと思ったら、ピアノの調律師のお話。

普段、目にしないような特殊な仕事を取り上げた小説は好きだ。

舟を編むとかね。

 

自分を操る超集中力 Daigo

                                                


考え方として、どこかミニマリズムに通じる部分もあった。

選択を迫られた時、人間は集中力を使い選択をしていく、とのこと。

朝起きようかな、もう少し寝ようかなと悩んで始まるからいつも集中できていなかった

のかな?

 

超一流の雑談力 安田正

                                                


考え方のインプットとしてはよいと思うが、無意識的に実行できるようになるにはそれ

相応の練習が必要。

自分には合っていなかった。。

 

ちょっと今から仕事やめてくる 北川恵海

                                                


さらっと読めて面白い。

ん?と思う節はいくつかあるけど。。

こういう会社や上司がブラックと言うのなら、自分の会社は白に近いグレーかな。

 

蜜蜂と遠雷 恩田陸

                                                


2冊目のピアノ系。こちらはピアニストを中心としたお話。

ボリュームはあるが不思議なくらいスラスラと読めてしまう。

映像化されそうな予感。

 

ツナグ 辻村深月

                                                


一話完結だが、全体を通して物語が繋がっていて、綺麗にまとめられている。

世間って狭いね。

 

小暮荘物語 三浦しをん

                                                


小暮荘というアパートに住んでいる、どこか一般人とズレている住人達のお話。

非常に電車では読み辛い内容なので要注意。

 

天上の飲み物 三浦しをん

                                                


ワインの話と思い購入してみたが、メインはそこではなく奥深い内容だった。

こちらも電車では読み辛い内容。

 

3月は計10冊
2017年は計20冊

 

4月に読んだ本

風が強く吹いている 三浦しをん

                                                

箱根駅伝を題材とした物語。

取材力の凄さなのか、箱根駅伝の情景が伝わってくるし、

ランナーの気持ちが細かく描写されていた。

駅伝なんてしたことないけど。。

 

光 三浦しをん

                                                

エログロの描写があるため、電車では読みづらい。

飛行機の中で読んだが、CAさんや通路を通る人にチラ見され、

変な奴と思われてないといいが。

 

天国旅行 三浦しをん

                                                

自殺や心中をテーマとした短編集。

死のうとする理由は人それぞれ。

自分にとっては重要なことも他人からしたらそうでもないことがある。

自分だけで悩みを抱えず、人に相談するということは大事なこと。

 

格闘する者に◯ 三浦しをん

                                                

就活を題材としており、数年前こんなことやっていたなと思い出した。

就活をやっている際に読んでいればと思った。。

 

月魚 三浦しをん

                                                

古本とはこんなに奥深いものだったのか。

でも前の使用者の想いか、汚れがあったりして本に限らず中古のものって苦手。。

 

白いへび眠る島 三浦しをん

                                                

神秘的な島の伝統を描いた物語。

伝統は守らないといけないが、時代の変化にも対応していかなければいけない。

そんなことが裏テーマなのか、キーポイントとなる。

 

夜のピクニック 恩田陸

                                                

高校の歩行祭という80kmを一夜で歩き抜くイベントをメインの題材とし、

裏では歩行祭中に厄介な問題を解決しようとする別テーマが走っている。

この作者の小説は「蜜蜂と遠雷」もそうだったが、不思議と一気に読める。

 

鴨川ホルモー 万城目学

                                                

言葉に表せないよね。

いつもは逆にするが、これに限っては映画を見てから小説を読んだ方が良い。

映画を先に見ておいてよかった〜

 

ホルモー六景 万城目学

                                                

鴨川ホルモーのその後を描いた続編。

後日談というかほっこりする。

 

4月計9冊。

2017年は計29冊

 

長期出張のため、更新が大幅に遅れてしまった。

移動がやたら多く本は読めたのだが、仕事優先になってしまうためどうしてもね。。(言い訳)

 

三浦しをんを中心に読んで見たが、エログロ描写が思ったより多く驚いた。

しかし、人の心情やテーマを題材としたものもあって安心した。

 

5月は引き続き三浦しをんの残りを読んでいくし、恩田陸も読破していこうか。

あと住野よるの新作のKindle化を早くしてください。。